会社案内

ヤマセ精機のロゴマーク

超精密金型部品加工を主として

当社は社員一同お客様に満足して頂ける製品造りを心がけ 邁進して参りました。さらに今日のめまぐるしい経済発展の中、 常に高品質でお客様に満足・信頼・安心して頂ける企業を目指しております。

私たちの使命と課題

お客様から頂いた図面に限りなく忠実な加工をすることが使命であり、 課題と考えております。これまで多くのお客様から当社の部品は「組み付け易い!」と ご好評頂いております。個々の部品の加工精度の向上や製造コストの低減に役立っております。

製造

設備において室温を常に一定に保つことで機会、測定機、ワークの熱膨張に対応し、 作業毎の打ち合わせ、加工手順の研究、安全な作業・工程毎検査で 不良を作らない環境づくりを行っております。

納品

合格品を納期通りに納品し、全品に検査データを添付させて頂いております。 私たちは、「当たり前のことをごく自然に出来ること」がモノづくり企業の体力だと考えております。

会社概要

会社名 ヤマセ精機株式会社
代表 代表取締役 高橋 正徳
設立 1978年(昭和53年)10月1日
所在地 本社 〒234-0052 神奈川県横浜市港南区笹下5-5-26工場 〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町165 TEL:045-642-5551 / FAX:045-642-5552
主要事業 超精密金型部品及び治工具の製作・販売
主要製品 超硬精密金型部品 超硬精密部品 各種治工具
保有設備 平面研削盤、プロファイル研削盤、 形彫り放電加工機、ワイヤー放電加工機、細穴放電加工機、 ミーリングセンタ、ダイヤモンドホイール成形機、高精度プロッター、 2D・3D-CAD/CAM
仕入先 三菱マテリアル株式会社 株式会社タンガロイ 冨士ダイス株式会社 株式会社シルバーロイ 株式会社共立合金製作所
取引銀行 湘南信用金庫 上大岡支店 川崎信用金庫 新羽支店

沿革

1978年(昭和53年)10月 金型部品、冶工具、ゲージ等の販売会社として「ヤマセ精密工範社」を個人創業
1981年(昭和56年) 10月 「ヤマセ精機株式会社」を設立し、工場を横浜市港北区新吉田町に建設
2007年(平成19年) 7月 ホームページ公開
2012年(平成24年) 8月 業務拡充に伴い、横浜市港北区新羽町165に工場移転
2012年(平成24年) 9月 リニアモータ駆動 ハイスピードミーリングセンタ【HS430L】 超精密形彫り放電加工機【AP3L】 及び3D-CAD/CAM導入
2014年(平成26年) 12月 AMADAのプロファイル研削盤導入【GLS-150GL】
このページのトップに戻る